2011年3月31日木曜日

ロボットがやってくる


● 遠隔操作可能なロボット「タロン」=米キネティック社提供



 先にロボット消防士の「バックポット」と「ウオーリアー」が日本に来ることになったことを書いたが、次は原発ロボットがやって来ることになった。
 その名は放射線測定ロボットタロン


日テレ 2011年3月31日 13:46
http://news24.jp/articles/2011/03/31/10179825.html

米国、原発事故現場での作業用ロボット提供

 アメリカ・エネルギー省は、福島第一原発の事故現場で作業に当たるロボットを、30日までに日本に向けて送ったと明らかにした。

 エネルギー省によると、日本に提供されるのはキネティック社のロボット「タロン」と強い放射線の中でも撮影が可能なカメラ数台。
 「タイロン」は遠隔操作が可能で、放射線量が多いため人間が近づくことができない場所で放射線の測定やデータ作成に使用されるという。

 エネルギー省は、要請があれば、他の機材なども提供するとしている。


 その映像がNHKにありました。


NHKニュース 2011年3月31日 10時30分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110331/k10015010831000.html

米 日本に放射線測定ロボット

 福島第一原子力発電所の事故に対応するため、アメリカ政府は、原発内でも遠隔操作によって放射線を測定できるロボットを、日本に支援することを決め、来週にも発送する予定です。

 このロボットは、アメリカのエネルギー省が、福島第一原発への事故に対応するため、日本に支援することを決めたもので、ロボットの操作を教える専門家も併せて派遣することにしています。 
 ロボットには、小型カメラのほか、放射線の検出器や感知器が搭載され、遠隔操作によって、事故が起きた原発の中でも撮影や放射線の測定ができるため、現場のより詳細な状況を把握するのに役立つのではないかと期待されています。
 エネルギー省は、このロボットを、来週にも西部アイダホ州にある研究所から日本に向けて発送する予定です。

video



 ロボットはアメリカだけでなく、フランスからもドイツからもやってくるという。
 いったいなぜ、
 ロボット大国日本にまともなロボットないのだろう
 あまりにも、経済至上主義であったために、お金を稼がないロボットはつくられなかったのだ。
 これから暮れゆく10年、こうしたことの課題となってくる。
 ロボットと文化はどうからみあっていくのか。
 ロボットとは金を稼ぐ機械か、それとも社会に貢献する機械か。
 ロボットは社会にとってなんなのかといった問題を解決することが求められる。
 経済主義は舞台から降りることになるだろう。
 こんなていたらくでいったいどこが「ロボット大国」か?
 どう考えたって、今の日本にロボット大国の称号はふさわしくない。
 「ロボット貧国だ


YOMIURI ONLINE 2011年3月31日13時25分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110331-OYT1T00467.htm

独が提供の原発作業ロボット受け入れを検討

 【ベルリン=三好範英】ドイツ政府報道官は30日、この日行われた菅首相とメルケル独首相との電話会談で、メルケル首相が遠隔操作の独製ロボットの提供を申し出たことを明らかにした。
 原発の敷地内のがれき撤去や原子炉の修復に使うことが可能という。
 報道官によると、どの機種を提供するかはまだ決まっていないが、日本政府も受け入れるかどうか検討中という。

 ドイツは日本や米国と並ぶ産業ロボットの主要生産国だ。
 遠隔操作で爆発物処理などを行うロボットにすぐれた技術を持つ。
 例えばパギックス社製ロボットは、80キロ・グラムのものを持ち上げるクレーンを備え、300メートル離れた所から2時間の連続運転が可能という。

 東京工業大学の広瀬茂男教授によると、
 ドイツでは原発での非常時に備えたロボット開発にも力が注がれ
ており、それらは、放射線が強い環境下でも電子回路が狂わないよう特別な仕様を取り入れている。






[◆ その後の話]

 日本のロボットはどこへいってしまったのだろう。
 あの長年にわたって行われた「ロボコン」のアイデア・技術はどうなってしまったのだろう。
 憂鬱な気分で過ごしてきましたが、やっとこさ、その姿を現しました。


テレ朝ニュース 2011/04/06 16:58
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210406042.html

【原発】国産ロボットを公開 現場投入向け改良へ

国産のロボットが公開されました。

 政府は、福島第一原発の処理をできるだけ無人化したい考えで、すでに千葉市消防局に導入されているレスキューロボットの投入を検討しています。
 ただ、このロボットは化学テロなどを想定したもので、原発事故に対応するため放射線対策などの改良が必要になります。

video





== 東日本大震災 == 



_